さんてるの製品について

簡易的な物ですが、ゴミが入らないようにクリーンルームになっています。

材料は、金属/合成紙/紙を主に時計に使います。
通常のシルク印刷では多くても2、3色ですが
多い場合は8、9色になる事もあります。
色数は増えれば増えるほど不良率も高くなり技術を要する作業になります。

材料により熱を加える事が出来ない物もありますが、 印刷後、乾燥炉に入れてインクを乾かします。
高級な物は一度磨きを掛けて数回〜5回以上行う物もあります。